基礎代謝を意識した運動によるダイエット方法

ダイエットで運動が勧められているのは、筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが出来れば、痩せやすい体になるからです。基礎代謝の高い体になることで、普段どおりの生活をおくっているだけでもカロリーが使われるようになります。ただし筋肉を増加させるための運動とカロリーを消費させるための運動は異なるものです。人間の筋肉は、そう簡単に増加するものではありません。脂肪より筋肉のほうが重量があり、筋肉が増えれば体重も増えます。筋肉をつけるためにと筋トレばかりをしていると、体重が増加してしまう時期があります。ずっと筋肉を使わずにいると、筋肉はやせ細ります。筋肉量が低下すれば代謝も低くなるため、定期的な筋トレは重要です。筋肉量をアップさせるための運動とあわせて、脂肪燃焼を促進するための有酸素運動を取り入れる必要があります。運動が体にどんな影響をもたらしているのかを知った上でダイエットをすることで、体重を増やしてでも筋肉をつけることの重要性がわかります。体のメカニズムを理解していなければ、ダイエットしているにも関らず体重が増加してしまうと、精神的なストレスにもなります。努力をしてダイエットをしているのに、期待したほどの結果が出ないという理由で、諦めてしまう人もいます。運動によるダイエットを効率よく進めるためには、継続的に一定の負荷を筋肉に掛け続けてて、筋肉を維持する必要があります。適度な有酸素運動をして体脂肪の燃焼を促すことと、新陳代謝を高めるために筋肉を強化する筋トレをすることの両方が、ダイエットでは欠かせません。