肥満体重とダイエットについて

見た目からは全く肥満体型に見えないにもかかわらず、ダイエットを続けているという人はたくさんいます。標準体型の人や、痩せ体型の人で、どうなっても肥満にはなりそうもない人でもダイエットをします。太っているような気がしているのに、実は標準体型という人が大勢いますが、背景には日本人の価値観があります。社会的な価値観では、痩せている人がモデルや女優などをしていることから、痩せ型体型がきれいな体型だと考えがちでするとにかく痩せていることが美しいという意識から、健康的であるはずの体重の人でも、肥満なのでダイエットが必要であるという考えになっています。十代のうちからダイエットをしているという女性も珍しくありません。体重を減らしたいという気持ちがあっても、若いころのダイエットはおすすめできません。成長期は体をつくっていくための重要な年代ですので、ダイエットが原因で成長を妨げてしまう可能性があります。成長速度が早く、新陳代謝も活発な10代のうちは、栄養補給がとても大事です。生理が規則的に来なくなつたり、子宮の成長が滞るなどのトラブルが、十代のころの栄養不足が原因で起きることがあります。もちろん栄養が不足することは、肌荒れの原因にもなりますし、過剰なダイエットが拒食症を招くともあるので注意が必要です。美しくなりたいという女性らしい心がけは悪いことではないですが、体重を減らすことだけでなく、健康的な体になることも重視する必要があるでしょう。